International Shareowners- 900x330

外国人株主

外国人株主として、皆さんが対象となる追加の検討事項があります。

外国の従業員として、EQの提供するShareowner Online口座にサインインしてForm W-8BENを作成し、株の権利確定前に課税上の地位を明確にすることを検討しましょう。こうすることで、米国が皆さんの国と締結している可能性のある租税条約に沿った、適切な米国の源泉課税率が適用されます。租税条約は海外居住者に低いレートで税金を課したり、米国内の支払元から受領した収益の特定の項目に対して米国の源泉課税から除外したりできるようにするものです。現地の税務管轄で適用される税は、米国の源泉課税要件とは別に検討されますのでご注意ください。

  • この作業を完了するには、外国の従業員W-8ユーザーガイドを参照して下さい。
  • 外国納税者番号をご用意ください。非米国チームメンバーの方は、納税証明フォームに外国納税者番号をご記入いただく場合がほとんどです。 この識別番号は、各国の税管轄地で発行してもらう必要があります(通常国籍を有する国で発行)。
  • EQを通じて株を売却する場合や配当金を受け取る場合は、正しく作成した税務用紙を提出して、税法上の居住地を記録し、適切な税務措置を受けます。
  • すでにEQに口座があり、Form W-8BENが有効である場合は、それ以上のすべきことはありません。一般的に、Form W-8BENは署名した年から3年目の年末まで有効です。

国際決済の方法

配当金または株式の売却益の受け取りには、次の方法が利用可能です:

  • 国際ACH—ACHネットワークを使用するー現地通貨での海外銀行口座への直接入金。
  • 国際電信送金—現地通貨または米ドル(口座の受け入れ通貨に応じて)。
  • 米ドル建てで発行された小切手の現物—配当金の受け取りと株式の売却益の受け取り方法として初期設定されています。

株式の売却益の受け取りの国際ACHや電信送金による支払い方法には、shareowneronline.comでの売却時に表示される関連手数料がかかります。

配当金を現金で受領する代わりに配当金再投資プログラムを活用して、取得した配当金を再投資し、資金をウェルズ・ファーゴの普通株式の追加購入に充てられることも覚えておきましょう。このウェブサイトで、ウェルズ・ファーゴの普通株式への増資に関するセクションをご確認ください。

株を売却する際に、従うべきポリシーにはどのようなものがありますか?

ウェルズ・ファーゴの「インサイダー取引ポリシー」(本ポリシー)は従業員倫理および業務規範(倫理規範)に含まれており、ウェルズ・ファーゴの従業員(ウェルズ・ファーゴおよびその子会社(WFC)の従業員として定義される)は、重要な非公開情報を保持する期間において株式の売買および社外の人物への情報提供を行うことを禁止されています。これは、従業員が申し出る、譲渡制限付株式(RSR)の付与から生じた権利確定済みの株式の売却取引が該当します。

さらに、一部の従業員はWFCを含む会社の発行する株式の取引を行う前に、取引の事前承認を得ることが求められます。この事前承認は規制が期待することに沿い、不正行為の発生を防ぐために必要です。ウェルズ・ファーゴは、当社の従業員が実行するWFCの株式に関連する取引が透明、誠実、倫理的に行われること、また、一般に公表されておらず、当社の従業員に不正な利益をもたらす可能性のあるWFCに関する情報を従業員が悪用しないことを確実にしたいと考えています。 

ウェルズ・ファーゴの従業員は、倫理規範の定めや事業部門の個人投資/口座での取引に関するポリシーや手続きを熟知し、それに従う義務を負います。 

事前確認の要件に影響を受ける従業員は、20201月半に所属の事業部門のコンプライアンス・チームから連絡を受ける対象となります。